「個人型確定拠出年金」(通称iDeCo)ってなんだ?知らなければ損をしているかも!!!

わびさび

と楽観的に考えることが多い私ですが、昨今のリハビリ業界の先行き暗い話を聞いていると、

わびさび
将来年金がもらえるのだろうか、、受給開始年齢も65歳と徐々に高齢になっていっているし老後が不安だ。。

と、どうしても将来を悲観的に考えてしまう時期があります。

そこで、老後貧乏にならないためにも今からできる対策は何かないのかな、、と調べてみたところ

確定拠出年金というキーワードに巡り合いました。

 

私は最近まで全く聞いたことがありませんでした。

が、最近になって資産運用を勉強するようになったからか、耳にすることが増えて来たように思います。

たぶん、難しい用語なので無意識に「確定拠出年金」という言葉を右から左に聞き流していたのかもしれません。。。

注意してみると、CMでも「iDeCo(個人型確定拠出年金)」という愛称で呼ばれたりと、最近特にメディアで取り上げられることが増えているようなのです。

文字通り、年金に関する制度になるんですが、これは多くの人にとってメリットとなりうる制度です。

知らなければ損をしているかも!

今回は、私も始めた個人型の確定拠出年金について紹介させていただきます。

確定拠出年金とは?

毎月、一定のお金を拠出して積み立て・運用し、原則60歳以降になったら年金or一時金として受け取る制度になります。

 

拠出するお金は自分で設定することができ、職業によって拠出できる限度額は異なります。

だれでも使える制度なの?いくらまで拠出できるの?

例外もありますが、基本的には20歳以上60歳未満であれば、だれでも加入することができます。

拠出可能な限度額

①自営業:年816,000円(月68,000円)

②民間企業:年276,000円(月23,000円)

※企業型確定拠出年金、確定給付企業年金、厚生年金基金に加入していない方

③民間企業:年144,000円(月12,000円)

※企業型確定拠出年金、確定給付企業年金、厚生年金基金に加入している方

④公務員:年144,000円(月12,000円)

⑤主婦・主夫:年276,000円(月23,000円) 

となっています。

 

メリット

・節税効果がある!

拠出したお金は全額が所得控除の対象となり、所得税と住民税が軽減されます。

つまり、拠出した分だけ国に払う税金が少なくなるので、手に入るお金は増えるということ!

例えば私の場合だと、

企業年金のある民間企業に勤めているため、年144,000円(月12,000円)が拠出できる限度額でです。

仮に年収を400万とした際に限度額の月12,000円を拠出した際の節税効果は年間約21,600円となります。

10年継続すれば20万円以上も得するということです!

・投資信託で運用できる!また、発生した利益が非課税になる!

拠出したお金は投資信託などの金融商品で運用することができます。

通常は、お金を運用した際に発生したお金には運用益として20.315%の税金がかかります。

それが、確定拠出年金で運用した際には非課税となります。

もし、年率3%で運用できたとしたら節税した分のお金とは別に何十万という利益を60歳以降にそのまま手にできるかもしれません。

もちろん、運用せずに元金保証の銀行に預けることもできます。拠出したことによる節税のみでも大きなメリットです。しかし、投資信託は長期的に運用する際に非常に大きな効果を発揮します(複利などの効果で)

せっかく拠出するのであれば、投資信託を利用したほうが良いでしょう。

・勝手に老後の備えができる!

貯金が苦手な人でも、給料から勝手に拠出されていくため、一度加入してしまえばほったらかしでも老後の備えをすることができます。

また、老後の備えとして定期貯金などを行っているのであれば、

現在金利の低い定期預金で貯金するより確定拠出年金で積み立てた方が断然お得です。

 

デメリット

・原則60歳までお金を引き出すことはできません!

これが、一番のデメリットになると思います。

貯蓄ではなく、年金として積み立てることになるので、もし急に多額のお金が必要になったとしても引き出せません。

死亡した場合や重篤な障害を負った場合は例外として、一時金等で受け取ることができます。

・加入時や運用に手数料がかかる!

国民年金基金連合会という所に加入時に手数料として2,777円を払う必要があります。さらに毎月、手数料として約100~700円ほどかかります。

加入時の金額はどの金融機関を選んでも変わりませんが、手数料は金融機関により様々です。もちろん手数料は安い方が望ましいので、しっかりと選びましょう。

・特別法人税という税制が凍結解除されるリスクがある!

特別法人税とは、

確定拠出年金などの積立金の全額に一律1.173%の特別法人税が課税されるという制度です。

現在は凍結中ではありますが、仮に凍結が解除された場合は毎年約1%の税金が積立金からとられてしまいます。

実質60歳まで拠出したお金を引き出すことはできないため、指をくわえて税金が引かれていくのを見ているしかなくなります。。

もし、凍結解除をしてしまったら、せっかく国が個人個人で老後資金を作ってもらおうと制定した確定拠出年金が上手く回らなくなるため、廃止される可能性の方が高いとは思いますが、、、。

どうやって始めるのか?

・金融機関を選ぶ

ネットで調べたり、資料を請求したりして自分にとってベストな金融機関を選びます。

基本的には運用手数料の低い、楽天証券(私はこっち)やSBI証券がいいかなと思います。決まったら、資料を請求して申し込みを行います。

加入するには証券口座をもっている必要があるので、合わせて証券口座や銀行口座も開設しておくことをお薦めします。証券口座はもっていると便利です。やや手間ですが、手数料等も必要ないため、時間があるときに開設しておいたほうがよいでしょう。

・拠出する(積み立てる)金額を決める

上記にある拠出可能な限度額から自分に該当するものを選択し、いくらまで拠出できるか確認します。原則60歳まで引き出すことはできないため、その時の状況にあった金額を選んでください。

年に1回であれば、拠出する金額は変更することができます。

メリットを最大限に得たいのであれば、限度額で申し込むのが最良です。

・運用するなら金融商品を選ぶ

申し込みが完了したら、拠出したお金をどのように運用するかを選択します。

普通に銀行に預けるように元金保証のあるところに預けておくか、投資信託で運用するかの2つが主な選択になると思います。

確定拠出年金で運用できる投資信託は長期投資を目的とした、比較的安全に運用できるインデックスファンドが中心となっています。

証券会社によって取り扱っている投資信託の数は違いがあるので、そちらも気にして証券会社を選ばれるのも良いかもしれません。こちらも楽天証券やSBI証券が他の証券会社に比べると多く取り扱っています。

始めるまでの期間はどのくらいかかるのか?

ステップとして

  1. ネットで申し込み
  2. 証券会社から書類が発送される
  3. 到着したら必要な書類を記入・準備して証券会社に発送する
  4. 書類がチェックされ、国民年金基金連合会にて審査される
  5. 加入

といった流れになります。

1~3までは約1週間ほどで可能です。4が非常に時間がかかります。

私も5月ごろに書類を発送しましたが、7月中旬になってもまだ、審査は終わりません。。

なので証券会社(私の場合は楽天証券)にもよるかもしれませんが、だいたい書類申請から約3ヵ月ほどかかるようです。気長に待つしかないですね。

まとめ

デメリットとして、60歳までお金を引き出せないという流動性の問題はありますが、

それを考えても節税や運用税がかからない等、得られるメリットは大きいと思います。

私の場合は20代半ば独身で比較的自由に使えるお金があるため、最大まで拠出したとしてもそんなに負担にはならないと考え、限度額を拠出しようと思っています。メリットも大きいですし、、。

今後、結婚したり子供ができたりしたら、まとまったお金が必要になるかもしれません。その時は必要なら拠出額を変更する予定です。また、ある程度貯金もしているため、まとまったお金が必要になっても大丈夫かなとやや楽観視しております。。

皆さん、それぞれの状況に合わせて無理のない範囲で拠出額は設定してくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

20代、田舎で言語聴覚士をしています!「わびさび」を感じられる余裕を持つため、QOLの向上を目指します。リハビリ関連の知識のアウトプットを中心に資産運用などにも取り組んでいます。色々なことに挑戦し、役立つ情報を発信できるように頑張ります!!