「色々やってみる」の過程で学んだこと① 主体的に生きて、楽しく1UP!

わびさび
こんにちは。今回は、本を読んで、体験してみて、感じたことを自分に酔いながらつらつら書いていきます。

 

好きで興味のあることばかりに目を向けていると知らぬ間に視野が狭くなっているものです。

 

好きで興味があるから情報を集める。方法としては、ネットで調べる、ツイッタ―でフォローするなど。

 

得られるのは自分の知りたい情報のみ。

 

確かに便利だが、そうやって偏った情報ばかりを収集していると知らぬ間に凝り固まった価値観を持つようになる。

 

とりあえずやってみる。

ちょっと情報収集して「○○はだめですよ」的な噂話を真に受けて、体験もせず、学びもせずに否定から入ること。

これも、非常にもったいないことだと感じる。学ぶ機会の損失である。

 

効率を求めれば、それは大切なことだと思う。しかし、体験して初めてわかることもある。

 

失敗もひとつの学びである。

 

失敗の経験を重ねることで感覚が鍛えられる。

 

「これは危険だ」的なシックスセンスのような経験則。

経験則は、字の如く経験していかなければ身につかない。

 

大きな失敗は起き上がるのが大変だが、小さな失敗であればたくさんしてその都度成長の糧にしていくくらいの気概が大切。

 

自分を確立する。

神様のように扱って「○○の言っていることだから大丈夫」なんて言う人。

 

思考することを放棄して、他人に人生をゆだねている。

 

それも一つの生き方ではあると思うが、非常に危うい人生の選択の仕方だと感じる。

参考にするのは良いと思う。しかし、盲信するのはどうかなと。

 

私も少し前までは、あの人の言っていることだから大丈夫だろうと、自分で深く考えることせず、思考することを放棄した生き方をしていた。

 

それは、非常に楽な生き方だ。たまにはそのような選択も大切ではあると思う。

 

しかし、常にそんな思考を放棄した生き方をしていては、量産型の人間になってしまう。

やはり、人間として生まれたからには、他に替えのきかない、必要不可欠な魅力的な人間になりたい。

 

完璧な人間なんていない。

 

偏った情報でなく、多くの価値観、生き方に触れて自分なりのアイデンティティを成立させることが、魅力的な大人への第一歩かもしれない。

 

厳しい環境に身をおくこと。

自分とは反対の意見を言う人のことは煩わしく感じるかもしれない。

しかし、意見される情報は今の自分には見えていない有益な情報であったりもする。

 

この世に完璧なものはない。しかし、限りなく完璧に近づけることは可能である。

 

反対の意見は、この完璧に近づけるという行為を促進してくれる。

取り返しのつかない失敗を取り返しのつく失敗に替えてくれる。または、成功へ導いてくれる。

 

ついつい意見の合わない人とは接触を避けてしまいがち。

 

自分の意見を持つことは大切。しかし、それは相手の意見を否定することではない。

 

苦手な人と無理してまで付き合っていく必要はないと思うが、避けて遠ざけることは自分にとってデメリットな側面もあることを知っておく。

 

楽な環境は居心地がよく常に浸っていたいが、時にはあえて厳しい環境に身をゆだねてみるのも良いかもしれない。

その厳しさを楽しめるようになれば、より良いなぁ(私はどMではないですよ)。。

 

まとめ

今年に入って多くのことを体験してみて、感じたことをつらつらと書きました。

 

「色々とやってみる」ことを始めてみて、自分で考えて行動する時間が増えました。

 

私は今まで、ルーチン化した生活を送っていました。

そして、ルーチンが崩されるような課題がちょこちょこ仕事やプライベートで立ちふさがることで、対応に追われて無駄に慌てる。

 

「忙しい忙しい」

「時間がない」

「余裕がない」

と新しいことを始める気力さえ湧かない日々でした。

 

「自ら行動する」

 

つまり、主体的に動くようになったことで、常に何かに追われるように余裕のなかったあの時よりスケジュール的には過密なのに、心に余裕が持てるようになりました。

 

自己満足なのかもしれませんが、確実に生きることが楽になりました。

そして、世界が広がったことで楽しんで取り組めることが増えたように感じます。

 

物事をポジティブにとらえられるように、主体的に行動する。

そして、環境を自らコントロールする。

 

人生一度きり。楽しんだもん勝ちですね。

 

わびさび
楽しくたくさん経験値を積めるような考えた方や工夫をして1UPいきたいですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

20代、田舎で言語聴覚士をしています!「わびさび」を感じられる余裕を持つため、QOLの向上を目指します。リハビリ関連の知識のアウトプットを中心に資産運用などにも取り組んでいます。色々なことに挑戦し、役立つ情報を発信できるように頑張ります!!